事務机も格安で購入可〜オフィス内装なら中古がお得〜

オフィス

オフィス家具でコスト削減

オフィス

オフィス内で人員が増えたり、整理整頓を実施する場合には、それぞれに収納するものが必要になります。経費節減を目指している企業は多く存在しますが、その様な場合には、中古オフィス家具を利用してみると、コスト削減ができます。

読んでみよう

中古を利用する

女性

近年では、オフィスを移転する際には新しく家具を購入する会社も多いですが、新しいオフィス家具を購入するよりも安い値段で揃えられる中古オフィス家具などを購入する企業が増えています。

読んでみよう

女性目線のレイアウト

女性

女性社員の意見やアドバイスやアイデアなどをふんだんに取り入れることで、女性が働きやすい環境をオフィスレイアウトで作っていくことで、女性の働きやすい環境でき会社自体が活性化し良いものになっていくという相乗効果があります。

読んでみよう

オフィスの家具を中古購入

中古オフィス家具ならコストは新品の1/2〜1/3に。

オフィス

新しくオフィスをオープンする場合、事務所として使う不動産やオフィス家具、設備などにかかる初期投資は下手をすると何百万円、何千万円にも及ぶことがあります。その後のビジネスの成り行きを考えた場合、初期のコストをなるべく抑えておきたいのは当然のこと。そんな場合におススメなのがオフィスの備品を中古オフィス家具で揃えることです。中古オフィス家具を導入すれば、新品を購入する場合に比べてコストを1/2〜1/3に抑えることも可能ですので、大幅な節約が可能になるでしょう。また、中古オフィス家具の業者は通常、椅子一脚、デスク一本からでも販売してくれますので、使用しているオフィス家具が壊れた場合にも気軽に連絡してみると良いでしょう。中には「販売中止になった家具が残っていて、従来の家具と揃えることができて良かった」というケースもあるようです。

中古を購入する際に気を付けたいこと。

中古オフィス家具を購入する場合は、事前に覚えておきたいことがいくつかあります。まず中古オフィス家具は、在庫限りのことが多いですので、在庫がなければ家具の種類が揃わないことも多々あります。中古オフィス家具を購入するなら、そういったケースも頭に入れて、部署や役職によって家具を変えるなど臨機応変の対応が必要でしょう。また、中古である以上、不具合が全くないとは言えませんので、できれば事前に自分の目で見て品質を確かめたいところです。家具のスライド部分やキャスター部分など可動部分は滑らかに動くかどうかを確認した方が安全です。一般社団法人日本オフィス家具協会は、経年劣化による事故を防ぐためにオフィス家具の標準使用期間を定めていますが、それによると机の場合は8年〜10年、回転椅子で8年。収納家具で8年〜10年が耐用年数だそうです。実際にはもっと長い年数使用することが多いと思いますが、中古を購入する際には、使用年数についても頭に入れておくとよいでしょう。